スタッフブログ

中型魚(かつお・ぶり・わらさなど)と仕入れについて

大力水産ではさまざまな魚種を仕入れ・卸販売しています。

かつお・ぶり・わらさなど中型魚の仕入れ卸売

魚種について

大力水産は世界有数の漁場の三陸漁場に近い岩手県大船渡市にあり、旬の魚や魚種も豊富で、かつおやぶり(わらさ・いなだ)、たちうお、さば、たらなど、体長30センチ~70センチの魚種(中型魚)も仕入れ卸売しています。

当社ではかつおやぶり・わらさをはじめ、魚種の大部分で、鮮魚・冷凍の両方を取り扱っています。

 

かつお・ぶり・わらさの取り扱いについて

旬で脂ののった美味しい三陸産の魚をお届けするために、スピーディーに選別・箱詰めをして、鮮魚は即時出荷しています。

かつお、ぶり・わらさなどのお魚は、手作業で箱に詰めています。

この際には必ず従業員が目視で魚体のチェック・検査をして魚種ごとに決まった並べ方・向きで素早く箱詰めしていきます。

魚を箱詰めした後は専用のフィルム(パーチ)がけ作業を行います。

その上に氷を適量に入れ、手で均一に量を整えて詰めた後に、箱をテープで密封します。

 

大力水産のかつお・ぶり・わらさ

かつおへの思い入れ

大力水産で取り扱う魚種の中でも「思い入れの強い魚」がいくつか存在します。

かつおもまさに思い入れの強い魚の一つです。

当社は創業時、太平洋の旬のかつおを南は九州から北は三陸沿岸まで追いかけて仕入れ・卸売し続けたことで、目利き力を高めて独自の流通ルートを開拓し現在に至ります。

大力水産のある三陸・大船渡では、かつおは「上り鰹」(太平洋岸を北上するかつお)「戻り鰹」(太平洋岸を南下するかつお)のどちらも水揚げされるので、仕入れ・卸販売には特に力が入ります。

 

出世魚ぶり・わらさ

ぶりといえば成長するにつれて呼び名が変わる出世魚です。

ぶり(成魚)になるまでの呼び方が地方・地域によって若干変わっていたりしているので混同してしまうこともある魚です。

大力水産のある岩手県・大船渡魚市場では、ブリが成長するまでの過程での名前の呼び方が

  • しょっこ
  • いなだ
  • わらさ
  • ぶり

というふうに変化しています。

 

仕入れ卸売のお問い合わせ

かつお・ぶり~いなだなどの仕入れ(鮮魚・冷凍)に関するご相談等ございましたら、当社・大力水産までお気軽にお問い合わせください。

 

<お電話でのお問い合わせ>
TEL. 0192-29-4320(平日:8時~17時30分、電話受付:9時~15時)

お問い合わせフォームはこちら

関連記事

TOP